河内長野市議会議員 道端俊彦

ー 都議選のこと。 ー

東京の友人から、こんな連絡がありました。
どうやって投票する候補者を選べばいいですか?

●私の応え。

はい、何のために議員になるのか。
議員になって何をするのか。
これを判断基準(選挙公約、マニフェスト)とすることです。
*でも他人のコピペのようなものも多いので、それを見抜くこと。

現職の方なら、ホームページやフェイスブック等をチェックすることです。
議員の資質が見えてきます。
*自分の政策 マニフェストに基づいた行動を日々しているかを見る。

議員になってまず1番に何をしたいのか?
これを明確に有権者に伝えられないようではダメです。

私なら、笑顔で挨拶ができるまちに河内長野市がなるために、
人口減少による市税の減少、高齢化などに伴う社会保障関係経費の増加に対応し、
公共施設の再配置利活用を進めるために、河内長野経済を再発展させて
河内長野の持つポテンシャルを高め、河内長野ブランドを推進させる。
そして、市民の声を市政に届け、また市政の情報を正しく市民に伝える。
市民の声を議会に届け、市に【政策提言】をできる議員でありたいと思います。
下記は、私のマニフェスト。
子ども達の未来の為に、河内長野の未来の為に。
1、地域企業や地域店舗が元気な河内長野へ(地域活性 ICT活用)
2、災害に強く行政サービスが充実した河内長野へ(防災対策・減災対策)
3、子育てしやすく教育環境と教育機会が充実した河内長野へ
4、高齢者、障がい者(児)に優しい福祉政策の充実
5、市民の生活現場第一主義。「市政を身近に」
6、公正、透明性を確保し、市民にわかりやすい真に開かれた議会を目指すこと。
7、政策形成に適切に反映できるよう市民参加の機会の拡充に努めること。
8、市民の多様な意見をもとに政策立案及び政策提案の強化に努めること。
9、市民代表の立場から適正な市政運営が行なわれているか、監視し評価すること。
10、他の自治体の議会との交流及び連携を推進すること。

イメージや印象ではなく、ぜひ投票前に、
自分の選挙区の議員をチェックして、より充実した投票を!

正しいものにはYES、
間違っているものにはハッキリとNOと言える政治家が今求められています。

ちゃんと自分の大切な1票を託せる人。
つまり言葉を変えれば、そのまちの未来を託せる人を選ぶことです。

そのまちの未来を託せる議員ってどんな人かを考えると
自ずと答えは出てくると思います。

政治家に求められる能力は、問題発見力と問題解決能力。
とにかく、投票所に行って1票を投じましょう。

「私の一票ではどうせ変わらない」と思わないことです。
でもその一票でしか、まちの未来は変えられないのです。

あなたのその一票、是非、誰かに託してみてください。
政治の未来はきっと変わります。

多くのEコマース、ソーシャルメディアについて「講演」「取材」「執筆」「出演」依頼を頂き、
誠にありがとうございます。スケジュールの許す限りご対応させて頂きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • お問い合わせ
友だち追加数 メルマガ
  • facebook
  • twitter

河内長野市議会議員選挙2016 選挙最後の挨拶

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Copyright © 河内長野市議会議員 道端俊彦 All Right Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Google+